住宅ローンの借り換えるなら完済時期と老後の生活も・・・

kannsaiziki

住宅ローンを借り換えるなら完済時期の確認を・・・

住宅ローンの借り換えをする時にはいつそのローンが完済することになるのか?を再度確認する事には大きな意味があると言えます。

 

なぜかといえば、住宅ローンを完済する時期によっては、その後に控えている老後の生活を圧迫してしまう事があるからです。

 

特に、30歳以降に自宅を購入し、その時に35年の住宅ローンを組んだ方は、繰り上げ返済を定期的にしていなければ、完済時期が60歳以降となっている場合が多いと考えられますので、対策が必要と言えます。

 

住宅ローンの完済時期と退職後の生活

退職後の生活を支えるのは、退職時に支給される退職金とほとんどの方が65歳になって初めて受け取ることができる年金です。

 

退職金と年金の支給だけで、悠々自適なゆとりのある老後生活をすることがほぼ決まっている方はおそらくですが、ごく一部でしょう。

 

つまり、老後の生活資金にそこまで余裕がない人の方がきっと多いと思います。

 

そこに、毎月支払わなければいけない住宅ローンの支払額があると当然厳しい生活をすることが予想されます。

 

そうならいためにも住宅ローンの完済時期を少なくとも60歳までにすることは非常に重要なことだと言えます。

 

住宅ローン借り換えと完済時期を早める2つの方法

住宅ローンの借り換えをする時に完済時期を早める方法としては2つの方法があります。

 

①今より低金利で借り換えする事ができた場合の毎月返済額の増額
②余裕資金がある時の繰り上げ返済

 

①の今よりも低金利で住宅ローンの借り換えをすることに成功した場合はできることなら、今現在の返済額を維持することで低金利に借り換えることができた効果を完済時期を早めることに使いましょう。

 

毎月の返済額を減額することの方に効果を向けることもできますが、もしそれほど苦しい返済額でないのであれば、老後の生活を圧迫するリスクを減らすことに低金利の借り換えを活かしたいものです。

 

② の余裕資金がある時の繰り上げ返済についてですが、これはあくまでも余裕資金が或るときに、という事を念頭に置いておきましょう。

 

例えば、子供がまだ小さい時はそれほど教育資金はかからないものですが、これが中学生、高校生になってくると思った以上に必要となってくる場合が多々あります。

 

それに大学に進学すると塾代等の費用もかさんできますし、入学時には入学金、入学後は授業料や仕送りなど、数百万円単位の教育資金が必要なってくるからです。

 

これらの将来必要となる資金を100%正確に予想することは無理だとしても、おおよその金額を把握しておくことは大事なことです。

 

その上でどの程度あれば繰り上げ返済に回すことができるかを考える事はとても大事なことです。

 

もちろん、借り換えによってより条件の良い住宅ローンに借り換えることが重要であることはいうまでもないですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ