住宅ローンを借り換えと金利上昇前の変動から固定への変更リスク

odoroki

金利が上がる前に変動金利型から固定金利型に変更するのは危険

住宅ローンの借り換え時に変動金利型を選択する理由として低い金利でまずは借りておいて、その後もし仮に金利が上昇する前に、固定金利型に変更してうまく乗り切ろうと考える方もいます。

 

この考え方は一見良い考え方のようにも見えますが、これは実は非常に危険な考え方だという事が言えます。

 

なぜなら、変動金利型の金利が上昇する時点で、長期固定金利が先に上がってしまっている可能性が高いからです。

 

固定金利が変動金利に先行して上がってしまう傾向

テレビや新聞などで日本銀行が金利を引き上げる、といったニュースが報道されたのを聞いた事がある方はきっと多いと思います。

 

日本銀行の金利政策に変化があらわれてくるとまず「短期金利」にその影響がでてきます。

 

住宅ローンの変動金利型の金利はこの短期金利の影響を受けます。

 

それに対して、固定金利の金利は「長期金利」を基に動きます。

 

仮に10年以上の固定金利は長期金利の指標となる「10年物国債の利回り」に連動します。

 

固定金利選択型や長期の金利は毎月見直しがされていて、毎月末に翌月の金利が決まる仕組みになっていますが、月末にかけて長期金利が上昇してくると、翌月の10年固定や長期固定の金利も上昇することになります。

 

ここで大事なことは、日本銀行が政策金利を引き上げようとする予兆がある時(つまり短期金利が上がりそうな時)は、それに先行して長期金利が上がる傾向にある、という事です。

 

この傾向を住宅ローンの場合に当てはめて考えてみると、それは固定金利の金利は変動金利の金利より先に上がる可能性が高いことを意味します。

 

変動金利が上がってしまってから、固定金利に切り替えようと思っても、その時には既に0.5%以上固定金利が上がってしまっている、という事も珍しいことではないんです。

みずほ銀行:金利入門より
koteikarahendou
http://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/housing_loan/housing_lecture/kinri_plan.html

ポイントとしては日本銀行の金利政策が大きく関係している事ですが、長期金利、つまり固定金利の動きを予想しようとすれば、常に経済新聞をチェックしたり、日本銀行のトップである日銀総裁の発言などにも注目しておく必要があります。

 

金融関係者であれば、これらの動向をチェックすることは仕事がら当たり前のことですが、金融関係者以外の方であれば、日々の生活のなかでこうした動向のチェックをすることはかなりの負担となることでしょう。(当然経済の勉強もたくさんする必要があります。)

 

挑戦する事自体は人それぞれであるので、止めることができませんが、現実的な事を考えれば、金利の上昇を予測して、変動金利型から固定金利型に金利タイプを変更する考え方はやはり無理があると言えるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ