住宅ローンの借り換えと年金後の生活が苦しくならいために

nennkinn

住宅ローンの借り換えと年金生活の問題

住宅ローンの借り換え時に必ず確認しておかなければいけない一つの項目として完済時の年齢があります。

 

20代でマイフォームを購入し、その時に住宅ローンを組んだ人であれば、返済が終了するのはおそらく50代がほとんどでしょう。

 

ですが、30代も後半ぐらいになってから初めて住宅ローンを組んだ方は要注意。

 

完済時年齢が65歳以降になっていれば、それは支給される年金で住宅ローンを返済していくことになります。

 

では、その支給される年金の金額はどの程度のものなのでしょうか?

 

住宅ローンの借り換えと支給される年金額の平均

65歳から支給される年金額については、厚生労働省の平均額としては、

 

・会社勤めの人がもらう年金である厚生年金の月額が14万8000円
・自営業者等の人が加入している国民年金54,544円

となっています。(厚生労働省、「平成25 年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について」より)

 

厚生年金について現役時代の給料によってもっと多くの年金額をもらえたり、また国民年金の場合は個人年金などで年金の上積みをしているケースもよくあります。

 

ですので、この14万8000円と54,544円という年金受給額の平均額のみで生活費を賄う、といった事は実際に既に年金をもらって生活している人たちの現実とは若干のずれがあるとも言えます。

 

それでもこうした支給状況のなかで、ここに住宅ローンの毎月の支払い額が負担となると、家計が赤字になる可能性がある家庭も多くなってしまうのではないでしょうか?

 

一般的にゆとりのある老後生活を送るために必要な毎月の金額の平均としては34.5万円という調査があります。(生命保険文化センター「生活保障に関する調査」平成25年)

 

今の受給している年金額の平均を見る限りは、今後ゆとりのある老後生活を送る、という点については厳しい現実が待ち構えていると言えます。

 

住宅ローンの借り換えと退職までに完済する計画

60歳以降、会社に勤めていたとしても、もしくは自営業者の方であれば60歳以降現役で仕事を続けたとしても、その収入が現役最盛期と同じぐらいになることは難しいでしょう。

 

であるならば、それまでに住宅ローンを完済してしまう資金計画を立てることはとても重要な事ですね。

 

60歳以降も住宅ローンの残高が残ってしまう返済期間になっているのであれば、どこかの時点でそれを短くする事はできないか?

 

住宅ローンの借り換えをする時はそうした事も考慮したうえで計画を立てるようにするのがベストです。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ