40代で子供2人の住宅ローンの借り換え

談笑するミドルカップル

40代で子供が2人いる住宅ローンの借り換えは

40代で子供が2人いる家庭の場合は住宅ローンを借り換える時にはどのような事に注意して設計すればいいのでしょうか?

 

40代で子供が2人いると、各家庭の教育方針や環境によってもまちまちですが、毎月の教育資金も3万円前後が必要となる事が多いと言われます。

 

さらに40代後半ともなると、毎月5万円以上の教育資金を必要としていることもよくあります。

 

さて、こうした状況で住宅ローンの借り換えをする場合において、教育資金を確保しながら住宅ローンの返済をしていくためにはどのような形にするかを考えないといけないですね。

 

そのためにはまずは、今後必要な教育資金と今の段階で準備ができている教育資金を把握しましょう。

 

そのうえで、あといくらあれば子供が独立するまでに必要な教育資金が足りるのか?を把握しましょう。

 

住宅ローンの借り換え時においては、金利タイプや返済期間を決めるときにはこうした事も考える事が大切になってきます。

 

金利タイプの選択

変動金利型にするか、固定金利型にするか、住宅ローンの借り換え時にはどちらにした方がいいのか悩むこともあると思いますが、借り換え時において教育資金の準備が万全でない場合は、金利の変動リスクのない固定金利型を選択することが良いでしょう。

 

変動金利型は確かに金利が低いために、貯蓄もしやすいように思えますが、金利が上昇した時に準備すべき教育資金の貯蓄計画に影響を与えてしまう可能性があります。

 

住宅ローンの残高が少なく、教育資金の準備の見通しもついて、さらには家計に余裕がある場合であれば、変動金利型を選択して、金利の上昇リスクをとることが可能といえますが、そうでない場合は固定金利型で計画な返済と計画的な貯蓄をしていくのは良いでしょう。

 

完済時期をできるだけ早める

住宅ローンの借り換え後、順調に返済していくことができて、子供も独立することになった時には、できるだけ住宅ローンの完済時期を早めるためにも繰り上げ返済をすることを検討するようにしましょう。

 

繰り上げ返済をしていくのは、老後の資金を準備していく過程で、負担となるものをできるだけ早くなくしてしまう事が目的です。

 

ある程度貯蓄があるにも関わらず、それを利息軽減効果の高い繰り上げ返済に回さないのはもったいないともいえるぐらいですから。

 

もちろん、家計に余裕がない場合はまずは余裕を少しでも持てるようにする対策が必要ですが、教育資金の負担が軽減されれば、それなり余裕が持てる家庭もきっと多いことだと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ