40代で子供1人の住宅ローンの借り換え

街を歩くミドルカップル

40代子供1人の場合に住宅ローンの借り換えをする時は

40代で子供が1人いる家庭の住宅ローンの借り換え方針としてはどのような形がいいのでしょうか?

 

40代ともなると、教育資金が思った以上に必要であることを痛感し始める年代ともいえますが、子供が大学や専門学校に通うとなると、さらに教育資金が必要になるのを実感しはじめます。

 

まずは、現在の貯蓄額から考えて、子供1人を独立させるためにはあといくら必要なのかを知ることが必要と言えます。

 

そして、

 

予想される教育資金-現在までの教育資金貯蓄額=今後の必要な教育資金貯蓄額

 

と簡単な計算をすれば、今後の必要な貯蓄額はでてきますね。

 

あとは、

 

子供が独立するまでの残りの年数×毎年できる教育資金貯蓄額

 

が今後の必要な教育資金貯蓄額を上回ることができれば言いのですが、住宅ローンを借り換える際には、この毎年の貯蓄額が確保できるような設計にする事が必要になってきます。

 

金利タイプを選ぶ

住宅ローンの借り換え時には金利を選ぶことになりますが、この時大事なのは、確実に必要となる教育資金を貯蓄するためにできるだけリスクをとらない事です。

 

つまり、変動金利型の金利タイプではなくて、固定金利型の金利タイプを選択し、そしてその固定金利型の金利タイプの期間は子供が独立するまで、教育資金が必要とされないようになるまで続くものがいいでしょう。

 

また、今後の生活設計をより計画的にするためにも変動金利型よりも固定金利型の方が計画性という面では使い勝手が良いと言えます。

 

ただ、そうはいっても、変動金利型の方が固定金利型よりも金利は低く、魅力的に見えてくるものです。

 

借り換え後の住宅ローンの返済額、貯蓄額に余裕があるのであれば、こうした金利変動のリスクをとる事ができると考えられますので、そうした家庭であれば変動金利型を選択する余地はあるといえるでしょう。

 

老後の準備を視野に入れて

40代ともなると今後の老後の準備をそろそろ視野に入れていくべき年齢という事が出来ます。

 

老後の生活を考えた時に、住宅ローンの残高が残っているのはもちろん良いことではないですね。

 

特に55歳以降は一般的にも収入が減少していく傾向にあるので、理想としてはそれまで住宅ローンが完済されている事が望ましいです。

 

少なくとも60歳までには完済していることによって、老後資金の準備もやりやすくなります。

 

そのためには、子供が独立してからは定期的な繰り上げ返済を施していくようにしましょう。

 

家計に余裕がないにも関わらず、定期的な繰り上げ返済をすることはもちろんNGですが、ある場合は借り換え後の住宅ローンの返済期間を短くするために実施していきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ