30代子供3人の場合の住宅ローンの借り換え

ベランダから外を眺めるカップル

30代子供3人の家庭が住宅ローンの借り換え

現在30代で子供が3人いる家庭の住宅ローンの借り換えとはどのような形にするのが良いのでしょうか?

 

子供が3人いた場合の教育資金としては、今の段階でもかなりの負担を感じてしまっているかも知れないですが、実は今後さらにその負担は大きくなると考えておくのが事前に準備するためにも大切なことです。

 

一般的に教育資金としては、子供1人あたりに1,000万円~1,500万円がかかるといわれますが、単純計算でも3,000万円~4,500万円が必要となってきます。

 

もちろん、今後の子供の進路、もっというと大学や専門学校等に進学するかどうかによっても大きく左右される部分でもあります。

 

ある程度、子供が中学校、高校と大きくなってきたら進路について家族で話合う機会を持つことが、教育資金の準備の仕方の面からも大事なことだと言えます。

 

さて、これらの事情を踏まえたうで、住宅ローンの借り換えをする時に大事なことですが、それはやはりまずは金利の選び方という事になります。

 

金利の選び方

金利の選び方としては、教育資金のことを考えると、気持ちとしては金利が低い変動金利型を選択したくなるとも思いますが、それはできる事なら避けた方が良い選択肢と考えられます。

 

確かに、変動金利型は固定金利型に比べると金利は低いですが、金利が上昇するリスクを負い続けることになってしまいます。

 

現在30代という事は、住宅ローンの残高もおそらく2,000万円以上は残っていることも多いでしょう。

 

その段階で金利が上がってしまうと、子供3人の教育資金を貯蓄していく計画に大きなマイナスの影響を与えてしまう事になってしまいます。

 

できる事なら、教育資金の準備ができるまで、できる見通しが立つまでは固定金利型を選択しリスクを排除するようにする事が良いと考えられます。

 

当然、それぞれの家計の状況にもよります。

 

中には毎月の住宅ローンの支払金額を工面することさえ厳しいというケースもあるかも知れません。

 

そのような場合は変動金利型を選択し、簡単なことでありませんが、今後の収入を増やすためにキャリアップを図る、子供が独立してくれるまで妻が働きにでる等、家計の収入を増やす手立てをする必要があると言えます。

 

子供の独立に見通しがついたら

子供の独立の見通しがついてくれば、借り換え後の住宅ローンはどうすれば返済期間を短縮することができるのか?という点について考えていくようにしましょう。

 

具体的には、繰り上げ返済をどれぐらいのペースであれば、無理なくしていく事ができるか?という事です。

 

子供の独立の見通しがついたあとは、老後資金の対策をしていくことになりますが、その対策に支障がでない範囲で繰り上げ返済をしてくのが大きなポイントとなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ