30代子供1人の住宅ローンの借り換え

芝生に寝転んで頬杖をつくファミリー

30代子供1人の家族の住宅ローンの借り換えは・・・

30代で子供が1人の場合にはどんな住宅ローンの借り換え方をすればよいのでしょうか?

 

20代の住宅ローンの借り換えのところでも述べている通りですが、30代においても注意すべき点は教育資金が不足しないような借り換え設計をすることが大切です。

 

そして、30代においては、そろそろ子供の教育方針についてもある程度の方向性をもっておくことが教育資金のプランを考えるうえでも重要になってきます。

 

例えば、高校と大学は私立に通わせてもいいが中学校までは公立に通わせる、中学校から大学まで私立に通わせる、といったようにどの程度の教育資金をかけるかを今のうちに大まかな部分でいいので考えておきましょう。

 

すると、どの程度の教育資金をいつまでに作ればいいのか?この目安が見えてきます。

 

この目安が見えてくると、住宅ローンの借り換えにおいてもどのような設計にすればいいのかが見えてきます。

 

変動金利型か固定金利型か

30代で子供が1人の家庭は、子供が2人、3人比べて必要な教育資金はまだ少なくすみます。

 

ですが、それでも小学校から大学まで全て公立に通うとなった場合でも学校外の費用も含めると、各家庭の事情にも左右される部分は当然ありますが1,000万円程は必要と考えておきべきでしょう。

 

こうした事情を踏まえたうえで、住宅ローンの借り換え時に選択する金利タイプとしては変動金利型が良いのか?それとも固定金利型が良いのか?悩むところです。

 

結論としては、一般的には固定金利型を選択して、金利の上昇リスクを抑え、計画的に住宅ローンの返済、教育資金の準備をしていくことが基本的な考え方とした方がいいでしょう。

 

変動金利型は固定金利型よりも、金利が低いことから返済してくのが楽に思えますが、それでも金利の上昇リスクを常に持ち続けることはおすすめできません。

 

ただ、金利が2%、3%上がったとしても十分返済して、さらには教育資金の準備もできる家庭であれば固定金利型ではなくて変動金利型を選択しても良いと思います。

 

期間短縮か返済額軽減か

住宅ローンの借り換え設計としては、期間を短縮させる方法と返済額を軽減させる方法の2つがありますが、30代で子供1人の場合を考えると多少余裕がでてくる家庭もあるでしょう。

 

その余裕があるのであれば、今までと同じ返済額で返済期間を短縮する方法をとってもいいでしょう。

 

ですが、逆に毎月教育資金以外には貯蓄ができない、というような家計の場合であれば期間を短縮させる方法ではなくて、返済額を軽減する方法をとるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ