20代子供3人の住宅ローンの借り換え

パソコンを楽しむ姉妹

20代で子供が3人いる場合の住宅ローンの借り換え方は・・・

20代で子供が3人いる家庭においては住宅ローンの借り換えによって少しでも返済金額を減少させることはとても大切な事ですね。

 

今後の教育資金のことを考えれば確実に将来は大きな資金が必要となります。

 

また、3人の子供の年齢差にも注目するとても大事な事です。

 

大学や専門学校に進学するとなると、入学金だけで100万円以上の費用がかかってきてしまう事もよくありますが、仮に年齢差1歳であれば、3人の子供に毎年入学金が100万円必要という事になるからです。

 

ですので、子供が多い場合は教育資金が必要となるタイミングについても事前にある程度の予想をしておく事はとても大切なことと言えます。

 

住宅ローンの借り換えは毎月返済額の軽減のみで

住宅ローンの借り換えを検討中の方は当然今よりも金利が低い金融機関での借り換えを検討していると思いますが、借り換え後受けられるメリットとしては、毎月の返済額の軽減か返済期間の短縮です。

 

同じ期間であれば、金利が低くなることによって毎月の返済額を減らすことができます(変動金利から固定金利であれば少し上がることもありますが)。

 

また、同じ返済額を維持する場合は、同じ金利であれば返済期間を短くすることができます。

 

この2つのメリットは非常に大きいものですが、返済期間を短くする方法は選択しない事が無難です。

 

20代で子供が3人いる家庭においては、まだおそらく教育資金の準備はそれほど十分でないケースが多いと思いますが、もしそうであれば、住宅ローンを借り換えする際には返済期間を短くする方法をとるのではなくて、毎月の返済額を減らす方法をとりましょう。

 

そして、その減らした分を今後の教育資金のために貯蓄や学資保険にまわすようにしましょう。

 

もちろん、収入面からして、教育資金が十分に用意できる、もしくは既に用意している場合であれば、少しでも住宅ローンの総支払額を減らすために、あくまでも家計に無理のない範囲で返済期間の短縮をする方法をとってもいいと思います。

 

住宅ローンの借り換え後も家計が厳しくなる事が予想される

もし、今後住宅ローンの借り換え後も家計が厳しくなることが予想される場合は、家計の見直しをしてみましょう。

 

特に毎月支出することが決まっているような、生命保険、通信費(インターネット接続料、携帯電話代)等を見直すことによって、毎月の支出額を減らすことができるケースがあります。

 

もちろん、これらの費用も必要な費用なので、削り過ぎることは問題がありますが、一度検討してみることは価値のあることでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ