住宅ローンの借り換えは金利の優遇もチェックせよ!

yuuguu

住宅ローンを借りるときには(初めての時も借り換えの時も)、優遇金利というものが存在します。

 

優遇金利とは各金融機関において実施している金利の割引・優遇のことを言います。

 

住宅ローンの借り換えの際にはこの金利の割引である金利の優遇の仕組みについても理解をしていくことが大切な事です。

 

一般的に銀行が住宅ローンの貸し出しをするときは基準となる店頭金利というものがあります。

 

ですが、実際に貸し出すときに適用される金利は取引条件などを考慮して金利の割引、つまり優遇をすることがほとんどです。

 

例えば、基準となる店頭金利が2%で優遇金利が1%の場合の時に適用される金利は2%-1%=1%となります。

 

そして、この優遇金利には

 

・当初期間優遇タイプ
・全期間優遇タイプ

 

の2パターンがあります。

 

住宅ローンの借り換えと当初期間優遇タイプ

当初期間優遇タイプは、3年、5年と住宅ローンを組んでから一定期間は金利の割引を行いますよ、というものです。

 

固定金利選択型の住宅ローンを組んだときなどによく使われる優遇タイプです。

 

例えば、5年固定、金利2%、優遇金利1%の場合、この5年間の適用金利は1%となります。

 

ここで注意しなければいけない点は、あくまでも最初の定められた期間だけ、という事です。

 

この優遇金利がずっと続くわけではない、という事です。

 

たいていは優遇期間が経過したあとは、それまで適用されていた優遇金利は縮小されます。

 

つまり、実質的に適用される金利が上がってしまうことになります。

 

例えば、5年固定、基準金利2%、優遇金利1%、当初期間経過後の優遇金利0.5%の場合は5年経過後の適用金利は、2%ー0.5%=1.5%となります。

 

特に、住宅ローンの基準金利が変わらずとも適用される金利が上がることになるので毎月の支払額も上がることになります。

 

 

また、優遇金利が終了するときに基準金利が上がっている場合はさらに毎月の支払額が上がってしまいます。

 

住宅ローンの借り換えをする際にも事前に把握しておき、準備をしておくことが大切ですね。

 

住宅ローンの借り換えと全期間優遇タイプ

全期間優遇されるタイプの優遇金利は文字通り、その住宅ローンの返済期間までずっと金利の割引がされるタイプになります。

 

変動金利型、固定金利選択型どちらにも使われる優遇タイプです。

 

例えば、基準金利が2%、優遇金利1%の場合、適用される金利は1%となります。

 

全期間優遇することは銀行にとっても当初期間優遇タイプよりも、金利を安売りすることになるので優遇される金利は当初期間優遇タイプよりも低くなる傾向があります。

 

全期間優遇タイプでは変動金利型を選んでいる場合は、基準金利が上がれば適用される金利は上がります。

 

逆に、変動金利型を選んでいて、基準金利が下がれば適用される金利は下がります。

 

そして、全期間固定金利型を選んでいる場合は住宅ローンの返済期間終了まで適用される金利はずっと変わらないことになります。

 

住宅ローンの借り換えをする時に、どれぐらいの金利の優遇が受けられるかは金融機関によっても違うために事前チェックすることが大事なことですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ