住宅ローンの借り換える時には金利の決まり方を知っておけ!

kinnrikimaru

住宅ローンの借り換えと金利の決まり方

住宅ローンの借り換えを検討しているのであれば、当然今後の金利の動向も気になるところでしょう。

 

金利の動向を把握しようとすれば、金利の決まり方を知ることがとても大切になってきますね。

 

もちろん、100%の確率で将来の金利を予想することはできませんが、その材料として大きなヒントとなる事は間違いないでしょう。

 

それでは住宅ローンの金利の決まり方を変動金利と固定金利に分けて説明していきたいと思います。

 

住宅ローンの変動金利は日本銀行の政策金利の強い影響を受ける

金融機関の住宅ローンの変動金利の一般的な決まり方としては

 

日本銀行の政策金利⇒金融機関の短期プラムレート⇒住宅ローンの変動金利

 

つまり、住宅ローンの変動金利は日本銀行の政策金利とそれによって決められている金融機関の短期プライムレートが決まれば、住宅ローンの変動金利もおのずと決まってくるという仕組みです。

 

さらに言えば、日本銀行の政策金利がどのように動くかを見極めることができれば、住宅ローンの変動金利の予想もしやすくなると言えるでしょう。

 

では、日本銀行の政策金利はどのようにして決められているのか?

 

住宅ローンの金利と日本銀行の政策金利

日本銀行の政策金利は一般的には、日本の景気が悪くなると引き下げられる事になります。

 

逆に景気が良くなってくると引き上げられる傾向にあります。

 

なぜなら、景気が悪い状態というのは、世の中にお金が出回っていない状態であり、日本銀行が金利を引き下げることによって、世の中にお金をたくさん出回っている状態にし、その結果景気を良くしようとするからです。

 

逆に世の中にお金が出回りすぎると、今度はバブルを引き起こしてしまう要因になってしまうので、日本銀行は政策金利を引き上げることによって世の中に出回っているお金を少なくしようとするのです。

 

バブルが発生してしまえば、いずれ崩壊し景気が低迷してしまうから。

 

変動金利の動向をチェックしてできるだけ今後の金利の方向性を知りたいと考えるのであれば、日本銀行が政策金利を引き上げようとしているのか?それとも引き下げようとしているのか?という事を日々チェックしておく必要があると言えるでしょう。

 

住宅ローンの固定金利は長期金利よって決まる?

住宅ローンの固定金利は長期金利の影響を強く受けて決まります。

 

ここでいう、長期金利とは「新発10年物国債」と呼ばれるものです。

 

国債という言葉は一度は聞いた事があると思いますが、要するに日本の政府が借金をする時の借用書みたいなものです。

 

日本の政府が借金をするとき(期間10年の借金)の金利が住宅ローンの固定金利に強く影響を及ぼしてくるんですね。

 

新発10年物国債の金利が高ければ、住宅ローンの固定金利の金利は高くなる傾向にあり、逆に低ければ住宅ローンの固定金利も低くなる傾向にあります。

 

そして、この10年物国債の金利動向の特徴としては、先ほどの日本銀行の政策金利よりも先行して動くという事です。

 

これが意味するところは・・・・

 

住宅ローンの固定金利は変動金利よりも先に・・・

住宅ローンの変動金利と固定金利の金利の決まり方を要約すると、変動金利は日本銀行の政策金利に強く影響を受け、そして固定金利は新発10物国債に強く影響を受けて決まる、という事でしたが、ここで一つ大きな問題としては

 

新発10年物国債は日本銀行の政策金利より先行して動く傾向がある

 

という事。

 

これは言い換えれば、固定金利が変動金利に先行して動く傾向がある事を意味します。

 

なぜこのような現象が起こるのか?

 

新発10年物国債は、政策金利を予想している

なぜ、新発10年物国債が日本銀行の政策金利よりも先行して動くかと言えば、新発10物国債の金利とうのは、政策金利を予想して決められているからです。

 

だからこそ、これらの金利の影響を強く受ける住宅ローンの固定金利も変動金利に先行して動くことになるんですね。

 

住宅ローンの金利の決まり方は結局は・・・

さて、変動金利が日本の政策金利によって強く影響を受けて決まること、そして固定金利は日本銀行の政策金利を予想している新発10年物国債の金利に強く影響を受けて決まることが分かりました。

 

これはつまるところ、日本銀行の政策金利は、景気が悪くなれば下げられるし、景気が良くなってくると上げられる事になることを考えると、住宅ローンの金利は結局のところ、変動金利しろ固定金利にしろ、景気の良し悪しによって決定されることになりますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ