住宅ローンの借り換えは元利均等返済と元金均等返済のどっちが得か?

gannrigannkinn

住宅ローンの借り換えと元利均等返済と元金均等返済

住宅ローンの借り換える時には元利均等返済と元金均等返済のどちらを選択するべきかを悩んでしまう事がありますね。

 

借り換え後の住宅ローンの返済を計画を順調に進めていくためにも、それぞれの返済方法のメリット、デメリットをチェックしていきましょう。

 

元利均等返済のメリットとデメリット

元利均等返済のメリット

元利均等返済のメリットとしては、住宅ローンの毎月返済金額が一定であるために、返済計画を立てやすい事です。

 

また、元金均等返済に比べて、返済開始当初の金額が少なくて済むのも家計を圧迫しない、無理のない返済計画にならないという点からすればメリットという事ができるでしょう。

 

元利均等返済のデメリット

元利均等返済のデメリットとしては、元金均等返済に比べて、利息の支払いを含めた最終的な総返済額が多くなってしまう事です。

 

住宅ローンの元金部分の返済ペースが元金均等返済に比べて遅いために支払う利息はどうしても元利均等返済の方が多くなってしまいます。

 

このデメリットをカバーする方法としては、生活資金に余裕がある時にこまめに繰り上げ返済をする事です。

 

実際、元金均等返済と同じぐらいのペースで、住宅ローンの元金部分の返済をしていくと、元利均等返済であっても、支払う利息差はほとんどなくなってくるほどです。
(ただし、この方法をとる場合は、繰り上げ返済手数料は無料である事がとても大切になってきます。)

 

元金均等返済のメリット・デメリット

元金均等返済のメリット

元金均等返済のメリットとしては、先ほどの元利均等返済のデメリットの裏返しとしてのメリットを受ける事が出来ます。

 

つまり、元金部分の返済ペースが元利均等返済よりも早いので、その分支払う利息は少なくなります。

 

元金均等返済のデメリット

元金均等返済のデメリットとしては、元利均等返済に比べて、どうしても返済開始当初の毎月返済額が大きくなってしまう事です。

 

元利均等返済に比べて、利息の総支払額は少ないといっても、家計に無理がでてくるような返済計画は禁物です。

 

住宅ローンの借り換え時に自分に合った返済方法を選ぶには

住宅ローンの借り換え後、返済していくのは、元利均等返済が良いのか、それとも元金均等返済が良いのか?悩んでしまって答えがなかなか見つけることができない人のために、どちらを選択した方が良いのか?アドバイスをしたいと思います。

ポイント①家計の余裕度

夫婦共働きで毎月の収入に余裕があり、元金均等返済をしていたってとしても家計を圧迫する事がないのであれば、元金部分の返済スピードが速い元金均等返済を選択する事が、最終的な総支払額を減らすためには有効。

 

ただし、逆に、毎月の返済に余裕が持てない場合は、元利均等返済を選択して、家計にあった返済計画を立てる事を優先すべきと言えます。

 

そして、余裕資金ができた時に、随時繰り上げ返済をしていく事が賢い返済計画という事ができるでしょう。

 

ポイント②今後の必要資金

今後の必要資金についても考慮する事は大切です。

 

特に、子供が高校卒業後、専門学校や大学に進学する場合にはまとまった100万円、200万円とまとまった資金が必要となってきます。

 

これらの資金は当然前持って準備しなければいけませんが、元金均等返済を選択すると、返済開始当初の毎月返済額は元利均等返済に比べて大きくなってしまうために、今後準備していかなければいけなのであれば、元利均等返済を選択するべき、という事が言えるでしょう。

 

住宅ローンの借り換え時における元利均等返済と元金均等返済のまとめ

住宅ローンを借り換える時に元利均等返済にすべきか、それとも元金均等返済にするべきか、については利息を含めた総返済額を考える事も大切ではありますが、

 

①今現在にどれぐらいの家計に余裕があるのか?
②今後まとまった資金がどれぐらい必要になるのか?

 

という2つの視点を持って決めるようにすると、よりスムーズな住宅ローンの返済ができるようになるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ