ソニー銀行で住宅ローンを借り換える時の手数料と審査や口コミ紹介

sonytesuuryou

ソニー銀行の住宅ローンの借り換え手数料はいくら?

住宅ローンの借り換えを検討していて、ソニー銀行もその選択肢の一つに入れようかなって思っている人にとっては、どれぐらいの手数料がかかるのか?気になるところですね。

 

いくら金利が低くても、手数料が高いとなると住宅ローンの借り換えメリットが小さくなってしまいますから。

 

さて、ソニー銀行の住宅ローンには2つのプランがある事は知っているでしょうか?

 

その2つとは

①変動セレクト住宅ローン金利プラン
②住宅ローン金利プラン

です。
sonytesuuryo1
手数料としては「変動セレクト住宅ローン金利プラン」と「住宅ローン金利プラン」で大きく違ってきます。

変動セレクト住宅ローン金利プランで借り換えた場合の手数料は住宅ローンの借り入れ金額に対して2.16%となります。

参考計算例

住宅ローン借入金額 手数料金額
1,000万円 216,000円
2,000万円 432,000円
3,000万円 648,000円
4,000万円 864,000円
5,000万円 1,080,000円

そして、住宅ローン金利プランの方で借り換えた場合は、一律で43,200円となります。

 

変動セレクト住宅ローン金利プランは変動金利を選択して適用している時の金利引き下げ幅が、固定金利を選択している時よりも大きく、今後も金利が低い状態で続くと考えている方向けの住宅ローンのプランです。

 

住宅ローン金利プランは固定金利の金利引き下げ幅が0.1%だけですが、変動セレクト住宅ローン金利プランよりも低く設定されていて、今後は金利が上がると考えている人向けの住宅ローンになります。

 

どちらのプランを選ぶかは、検討している方が今後どのような金利動向になるかで分かれることになりますね。

 

ソニー銀行の住宅ローンで借り換え審査基準や期間はどうなってる?

ソニー銀行で住宅ローンを借り換える時の審査基準としては以下のようなものがあります。

口座:ソニー銀行で普通預金の口座を持っている、もしくは借り換え後に持つ。
年齢:20歳以上万65歳未満で、最終返済日が満80歳
年収:400万円以上。自営業の人は申告所得で400万円以上
団信:団体信用生命保険に加入可能である事
国籍:日本国籍であるか、外国人の方であれば永住権がある事
担保:住宅ローン対象物件に対して、ソニー銀行が第一抵当権を設定できる事。

 

基本的には、これらの基準をまずはクリアできている事がソニー銀行で住宅ローンを借り換えるためには必要になってきます。

 

ここから、さらに実質的な審査をとして、個人信用情報、収入は安定しているか、年収に対して住宅ローンの返済が負担になり過ぎていないか?などを調べていくことになります。

 

また、審査期間としては、1カ月から2カ月程度を目安に考えておいた方が良いと言えそうですね。

 

実際にソニー銀行で住宅ローンの借り換えをするとした場合、仮審査の申し込みをしてから実際に住宅ローンの融資が実行される期間としては1カ月から2カ月ぐらいを要すると考えておきましょう。(ソニー銀行公式サイト 住宅ローン「お借入の流れ」より計算)

 

最長で2カ月以上の期間が必要となる事もあるようですが、今後金利が上がると考えている人はできるだけ早めの手続きをするようにしましょう。

 

ソニー銀行の住宅ローンで実際に借り換えた人たちの口コミまとめプラスコメント

満足した人の口コミまとめ

ソニー銀行で住宅ローンの借り換えをして、満足した人の口コミでは、満足した理由として主に以下のものがありました。
・金利が安かった
・最初は実際に会って相談ができたので安心した
・担当者と納得がいくまで質問等のやりとりができた
・保証料、繰り上げ返済手数料がかからない
・金利タイプの変更がやりやすい(変動⇒固定、固定⇒変動)
・ローンは一本で夫婦で半分ずつの名義にできたから
・大手の安心感があった
・親切な対応だった
・仕事がら来店するのは難しいなか、ネットだけで手続きができた
・金利ミックスが利用できた
 

不満に感じ人の口コミまとめ

ソニー銀行の住宅ローンの借り換え審査に申し込んだ人たち(住宅ローンを組まなかった人を含む)で不満に感じ理由としては以下のものがありました。
・審査期間が長かった
・最初に相談した人の態度が悪かった
・一番金利が低いとは言えない
・審査が厳しいのでは?
 

口コミに対するコメント

ソニー銀行の住宅ローンの口コミをリサーチしてみると、審査が厳しい、手続きに時間がかかるのネガティブな意見もあるなかで、全体としてはやはりネット銀行としての金利の低さや利便性に魅力を感じている人が多いという印象を受けました。

 

住宅ローンの借り換えを検討するのであれば、選択肢の一つに入れるのは良いと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ